親子で探す通信制高校探しをサポートするサイト

通信制高校の学費について

学費の違いについて

通信制高校も全日制高校と同様、学費が必要です。

全日制高校と同様、公立高校の学費は安く、私立高校の学費が高くなっています。公立高校の場合、都道府県により学費は異なります。私立高校の場合は、設置者により学費に差があります。私立の通信制高校、通信サポート校の場合、スクーリング費や施設設備費などの諸経費などがかかるのが一般的です。
通信制高校の学費の考え方は、1単位あたりいくらです。卒業までに74単位必要ですので、1単位あたりの単価×74が学費となります。公立高校の場合、入学金は500~1000円程度。授業料は、1単位あたり500~1,000円程度です。私立高校の場合、入学金は2万円~10万円程度。授業料は1単位あたり、8,000円~10,000円程度です。学習環境、通学頻度、高校卒業までの支援体制などをお確かめください。

学費の分納はできますか?

入学金は入学時に、授業料は学年の初年度までに一括で納入するのが一般的です。

学校によっては、分納に応じている学校もあるようです。最新の情報は、入学をお考えの通信制高校でお確かめください。

奨学金制度はありますか?

就学支援金/文部科学省による「高等学校等就学支援金制度(以下就学支援金)」により、保護者の所得(課税額)に応じて「就学支援金」が支給されます。 その他学校ごとに授業料の減免制度を設けている場合があります。最新の情報は、入学をお考えの通信制高校でお確かめください。

検討中の学校を一覧で比較する

現在検討中の学校は
まだありません

通信制高校の進学についてのご相談なら

進学コンシェルジュ 通信制高校進学コンシェルジュ